これまでNZ、イタリア、それぞれ3勝ずつと互角の闘いを繰り広げてきた第36回アメリカズカップですが、ついに大会5日目にして、チームNZが2レースに勝利、あと2勝でカップを手にする位置に先行しました。

day3-8.jpg
ⒸACE/Studio Borlenghi

AC75と呼ばれるフォイル型のレース艇については、いまだに論議は2分されています。クラシックなこれまでのヨットの方が、タクティカルでセーラーたちの技量を迫力ある映像で見られる、かたやフォイル艇はグラインダーはただの人間油圧機で悲惨だし、レースもまったくタクティカルでない、いや、フォイル型はヨットの未来を捉えた革新のスタイルだ、などなどヨットファンの間では喧々諤々の論争が繰り広げられています。

day5-6.jpg
ⒸACE/Studio Borlenghi

そして、5日目のレースでは、その論議の的であるフォイルスタイルのヨットの問題点がくっきりと浮き彫りにされました。2レースとも、風は9~12ノット、フォイルによって艇を浮かせて疾走するには微妙な風でした。案の定、失速した艇はフォイルのパワーを使えず、水面にどっぷりとハルを落とし、スピードはがくんと落ち込みます。NZ艇もイタリア艇もそれを経験したこの日のレースでしたが、最終的にはNZが幸運を手に入れ、2レースとも勝利したというわけです。第1レースが58秒差、第2レースは3分55秒差での勝利でしたが、勝利に時間差は関係ありませんね、勝ったことがすべて。勝負の世界です。

day5-9.jpg
ⒸACE/Studio Borlenghi
day5-3.jpg
ⒸACE/Studio Borlenghi

さて、本日第6日目、イタリアにとってはクリティカルな一日となるでしょう。ここでNZが昨日のように連続勝利すると、第36回アメリカズカップの勝者はチームニュージーランドに決定します。イタリアの粘りに期待しましょう!

day5-2.jpg
ⒸACE/Studio Borlenghi


おすすめ記事

お問合せ

 [アメリカズカップ5日目 ついにNZが2戦連続勝利]